【感想】イケダハヤトさんの考え方がわかる「武器として書く技術」

書評

ブログをしている人ならば必ず知っているであろうイケダハヤトさんの著書。
2012年から主にブログで収入を得ており、現在は50~100万ほどの収入がある。その時ごとに書いている内容は変わっており、今(2018年1月時点)では仮想通貨を主に題材としている。簡単に言うならばすんごいプロブロガーです。
そんな方が書いている本なので読まなければと思い、読みました。結論から言うとブログを始めたばかりの方は絶対に読むべきです。

スポンサードリンク

本の内容

前半はタイトルの通りに書く技術、つまりライティングを中心に書かれている。
中盤からはブログの運営、マネタイズのことについて。最後に書くことの素晴らしさについて書かれています。
最後の部分はブログを始めることを勧めていますが、それ以外は具体的に「どういう文章はダメなのか」「よくするためにはどうすればいいか」など書かれていて、書くことに自信がない人にとっては勉強になります。

とにかく勉強になる

ライティングの技術では、例を使い具体的に説明しているので勉強になります。
読みやすい文章、面白いと思わせる文章、目を引く文章。様々な書き方が書かれています。解説も細かく書かれています。例えば「改行は多めにする」とか「人目の引きやすいワード集」など。読んですぐ実践で使える知識が書かれていることは嬉しいですね。

イケダハヤトさんがのブログ運営に対する考え方はおもしろかったです。
SEOのことなんかは調べれば多くの情報は出てきます。しかし、ブログを成長させるためにはどうすればいいかを具体的に書かれているサイトはあまり見かけないので勉強になりました。
書き続けることは重要なのですが、ネタ探し、どのネタを選ぶか、どの層に向けてなのか、そういったことを踏まえてブログを運営する必要があります。特にネタ探しの記事はとても勉強になったのでそれで記事を書きました。興味のある方はこちらをどうぞ。
【初心者向け】雑記ブログのネタを簡単に見つけるおすすめの考え方

ブログ初心者は読むべき

僕のように手さぐりでブログを始めた人は読むべき。ライティングとブログ運営方法が書かれているのでおすすめ。
ブログ本では染谷さんのブログ飯 個性を収入に変える生き方とあんちゃさんのアソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略を読んだのですが、本作は具体的に書かれているので1番勉強になりました。
この1冊でライティング、ブログ運営の両方を学べるので、ブログ初心者におすすめの本です。

スポンサードリンク