(ネタバレ有)ドキュメンタル シーズン4エピソード5感想 納得の優勝者!

ドキュメンタル

いよいよシーズン4最終話です。前回はクレイジーな場面が多く、賛否両論のエピソード4でした。ただ個人的には地上波では見れないような姿をで「これぞドキュメンタル!」でしたね。
最終話であるエピソード5はカオスでクレイジーで最高にドキュメンタルでした。

スポンサードリンク

ゾンビタイム 千鳥の全裸漫才

千鳥の漫才はとてもおもしろいですよね。その中でも好きなネタをまさか全裸で…普通に全裸で「イカ2貫!!」やるとは…おもしろすぎます。ネタは耐えていましたが、その後話している時にノブが放水して宮迫さん、井戸田さんが退場になりました。
前回のエピソード4で井戸田さんが放水しているので、その伏線があったからこそのおもしろさでした。

ゾンビタイム 飯尾さんの屁

宮迫さん、ノブ、飯尾さん、井戸田さんの4人で尻から空気を入れて屁を出すという。カオスすぎておもしろすぎます。
これでフジモン退場になっちゃいましたね。その後のコメントで笑った理由を言っていましたが、想像力があるからこそ笑ってしまったんですね。そして想像力があるからあんなにおもしろいんです。

カオスすぎる終盤

他の人が準備している間1人になった時に黒沢さんが「難しいなー。人を笑わせるって。」つぶやいたところとか、クロちゃんにローションの使い方を聞いたり。おもしろかったんですが、黒沢さんのメンタル大丈夫なのか…シーズン4は他のシーズンと比べるとハードな下ネタ多めだったので女性には厳しかった。それでも最後まで残って、面白かった黒沢さんはさすがです!

優勝者は…くっきー!

これまでの中で1番納得の行く優勝者でした。シーズン3での山本さんは納得いかなかったので。これまでのドキュメンタルで活躍していたくっきーが優勝っていうことは素直に嬉しいです。松本さんも言っていましたが「優勝するべくした人が優勝した」と言っていました。本当にその通りです。
くっきーが何回か笑っているんじゃないかなと思うところもありましたが、松本さんも少し甘くしていたのかな。何かの時に番組を盛り上げてる人には多少甘くなってしまっているとも言っていましたし。もっと厳しく判定することを望んでいる人もいますが、曖昧だからこそ番組としておもしろい部分もあります。

まとめ

いよいよ終わってしまいました。ただ今回も非常におもしろく、最高でした。いつもは後半で失速気味になるんですが、今回はそんなことなかったです。少しは失速しましたが、残っているメンバーがおもしろかった。
ゾンビタイムもおもしろかったんですが、シーズン3ほどではありませんでした。でも、これで良いです。ゾンビタイム頼みではただの笑い我慢大会になっちゃいますからね。
次は春ということですね。それまではドキュメンタルを楽しみにしながらそわそわしています。

スポンサードリンク