【感想】ドキュメンタル シーズン5エピソード1 助っ人システムやメンバー紹介

お笑い

この記事では

  • 出場メンバー
  • 新たな制度『助っ人システム』の説明
  • 感想

を書いています。

ドキュメンタルはAmazonプライムで配信されている番組です。
30日間の無料期間があるので、興味のある方はAmazonプライムにぜひ登録してみてください!

スポンサードリンク

 出場メンバー

シーズン5の出場メンバーはこの10人です。
名前の後には出場回数も書きました。

  • 秋山竜次(ロバート) 2回目
  • 高橋茂雄(サバンナ) 初
  • 狩野英孝 初
  • 陣内智則 初
  • 山内健司(かまいたち) 初
  • たむらけんじ 初
  • ケンドーコバヤシ 2回目
  • ハリウッドザコシショウ 初
  • 千原ジュニア(千原兄弟) 初
  • ジミー大西 3回目

ジミーちゃんは最後がシーズン2なので3シーズンぶりですね。
松本さんが
「くーちゃん(野生爆弾のくっきー)とジミーちゃんは一緒に出せない。」
と言っていましたがその通りだと思います。
どちらとも破壊力抜群すぎますからね!
ただハリウッドザコシショウも同じタイプだと思うのでなかなかカオスになりそう…

今回の注目ポイントの1つ。

  • ケンドーコバヤシ
  • ハリウッドザコシショウ
  • 陣内智則
  • たむらけんじ

この4人は同期なんですね。
これまでのシーズンでも同期だったり、仲のいい芸人だからこそ起きる内輪ネタ。
これが最高に好きなので期待してしまいます!

あとは何と言ってもジュニアさんには驚きました!!
シーズン4で宮迫さんの出演にも驚きましたが、同等の驚きです。
仕掛けるタイプではなく、回したり突っ込むタイプですから。
ただ、ドキュメンタル仕様のジュニアさんも見てみたいところ…
前回で宮迫さんが大暴れしたように…

個人的にはハリウッドザコシショウに期待!
優勝はないと思うけどかき回しそう。
ドキュメンタルの見どころはカオスだと思っているので。
カオスを作ってくれそう!

 新たな制度の助っ人システムとは?

新たに『助っ人システム』が導入されました。

各自一度だけ笑いを取る武器として「助っ人」を呼ぶことができる

ほうほう。
使うかは各自の自由みたいですね。
誰が誰を呼ぶか全く想像できん…
どうしても終盤はマンネリ化してしまうので対策ですかね?
ただマンネリした後にでるカオス感が好きなのでフクザツ…

感想

エピソード1はオープニングに近いものだったので、笑わせあいは少なかったです。
それでもおもしろいのがドキュメンタル!
おもしろかったものをいくつか紹介します!

ジミーイソジンを飲む

もうね。
始まってすぐよ。
「のど乾いたわ!」
ってイソジン飲むクレイジーレベル。

始まってすぐ仕掛けられるジミーちゃんは最高です。
テレビ向きではないのかもしれませんが、
ドキュメンタル的には最高です。

ジュニアの回し

たむけんの「ちゃ~」を言うくだりで
「流れるプールでやって。」ってジュニアが言うんですよね。
1の笑いを広げるのがほんとうますぎる。

これまでだとフジモンがうまく広げてましたが、今回はジュニアがそうなるのかな?
まあもうジュニアはイエローもらってしまいましたけど…

ハリウッドザコシショウの破壊力

スーパー適当すぎる!!
双子のくだりとか、やりすぎシリーズとか。
全力でやりますもん。

エピソード1ではケンコバがふってましたね。
この流れが多くなってくると笑っちゃう人いるだろうなー。
何と言っても同期が4人いるので、今後も期待ですね!

結論→次回が楽しみ

やっぱりドキュメンタルはおもしろい!
松本さんの手紙のよそよそしさも好きですし。
メンバーが世間話する感じも好きですし。
各メンバーに対する松本さんのコメントも好きですし。

今回はメンバー紹介やらルール説明で終わってしまいました…
しかし!!次回以降はどんどん笑うところも増えていくので一層楽しみ!

スポンサードリンク