【感想】男なら1回見るべき!ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

映画の感想

今まさに見終わったばかりなんですが。
何が言いたいかというとハングオーバー見たらテンションぶちあがります
男くさくて最高です!男なら1度は見てほしい!今はとりあえずはっちゃけ倒したい!

スポンサードリンク

あらすじと概要

2009年に公開されたアメリカのコメディ映画。
簡単に言うと結婚式2日後だから男4人でラスベガス行ってはっちゃけようぜって話です。
朝起きるとこれから結婚をする友人が消えています。それを他の3人で探すんですが、その中でありえないくらいのトラブルに巻き込まれていきます。
タイトルのハングオーバーは日本語で二日酔いという意味です。その名の通り酒で記憶がぶっ飛びまくっています。

感想

ハングオーバーはとにかく楽しい!
考えさせられる映画なんかも好きですが、こんなぶっ飛んだ映画も好きすぎる。
一夜でこんなにトラブル起きすぎじゃない?っていうくらいトラブルに合い続けます。
いくつか紹介すると

  • 部屋にトラがいる
  • 部屋に赤ちゃんがいる
  • 車のトランクにスーパー強い中国人がいる

これ以外にもたくさんありますが、これだけでもありえないことの連続。この脚本作った人の頭すばらしい。
完全なる偏見だと思いますが、男ってしょうもないこと大好きです。
そんなしょうもないことで非常識なことが休む間もなく繰り広げられます。

下ネタも多めなのでカップルで見るとか絶対やめてください。
すごい仲良くなるか、すごい気まずくなるかどっちかです。

基本的にありえないことの連続で笑えるんですが、友情もあるんです。
まず友人を助けるためにいろんなところへ行くことに対して友情を感じます。
物語の序盤ですが、友人の1人の彼女は束縛が激しい人でラスベガス行くことを隠してる登場人物もいます。
でも友人のために嘘ついてラスベガスに行くんですよね。そこも感動するほどの友情ではないのですが、ほっこりする友情を感じました。
この考え方は女性からしたら最低なのかもしれませんが、最高にかっこいいです。

ハングオーバーで忘れてはいけないキャラクターといえばアランです。
最高に空気読めません。周りでいたら仲良くなれないくらい空気読めません。
ただ、アランというキャラクターがいることでとてもおもしろかったです。
シリアスな場面をおもしろくして、おもしろい場面をおもしろくして。
アランのおかげで笑うところ多かったです。
ただ!周りでいたらスーパーイライラすると思います。
すごく仲良くはならないけどグループに1人いると良いなって思えるキャラクターの癖が強い感じですね。

とりあえずハングオーバー見てほしい!
何も考えず笑ってテンションの上がる映画なので、気が向いた時にふらっと見て笑いましょう!

スポンサードリンク