被災して改めて感じたTwitterの良いところと悪いところ

日常

どうも!ぽたです!

9月6日に発生した北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)に被災しました。

人生で初めて大きな地震を経験して感じたことは色々あるのですが、この記事では被災して感じたTwitterについて書きます。

良かった面、悪かった面、両方あるので流し読みでも良いので目を通していただけると幸いです。

スポンサードリンク

ニュースより早く情報を知れるが…

Twitterはその時に起きたことや感じたことをすぐに発信できます。
そのため、ニュースよりも早く情報を知れることは非常に便利。

ですが…不確定な情報が多いことは欠点です。

今回の震災で特に多いと感じたツイートの大まかな内容はこちらです

〈東日本大震災〉
3月9日 震度5弱
3月11日 震度7 本震

〈熊本地震〉
4月14日 震度6弱
4月16日 震度7 本震

〈北海道地震〉
9月6日 震度6強
9月8日 本震

「過去にはこんな地震が多かったからやばい!」みたいな内容です。

可能性としては十分にありえますし、tweetしたり拡散する気持ちはわかります。
ただ、できるだけ情報が確実なものを発信してほしいと感じました。

普段なら「この情報はどこからなの?」なんて考えますが、パニック状態だと確実な判断がしにくくなります。
Twitterは自由になんでも発信できる場所だと思っていますし、それが良いところ。
でも、こういった時は少しでも確実な情報を発信、拡散するべきだと感じました。

ちなみに他に気になったツイートは以下のものです。

  • 停電は1週間続く
  • 北海道全部で断水になる
  • 震源地近くで地鳴りがする

上の2つは可能性としてあり得ますが、1番下の「震源地近くで地鳴りがする」なんてものはウソです。
わたしがその土地に住んでいて、地鳴りなんて自分では感じませんでしたし、周りの人からもそんな情報はまったく聞かなかったからです。

それでもTwitterにはすごく励まされた

ここまで文句を言ってきたのですが、Twitterにはとても励まされました。

今回の震災では大規模な停電が起き、わたしはモバイル充電器を持っていなかったので、スマホをゆっくり見ることができませんでした。
それでも、ちらちらTwitterを見ていると「支援しました!」というツイートを何度か見かけ、そのようなツイートにすごく励まされました。

だって、自分とは全く関係のない人が支援してくれてるんですよ!
もちろん自分のためだけではないんですけど、メンタルやられている時にこういった情報を見ると「がんばろう!」って思えるんです。

あとは個人的にとても嬉しかったツイートはこちらです。

わたしはスーパーで働いて、地震の起きたその日に売れるもの(飲料やカップ麺など)を外で売っていました。
「人の役に立っている」という気持ちもありましたが、「なぜ被災したのに働かなければいけないのだろう?」なんてことも思っていました。
少し精神的にしんどい時だったので、とても嬉しかったです。

拡散する人は責任を!見る人は情報確認を!

普段からでも言えることなのですが、現代は情報にあふれかえっています。
その中で「この情報は本当のことなのか」「ただの感想ではないのか」ということを考えていかなくてはいけません。

Twitterは自由に発言するから楽しい場所です。
全ての発言に責任を持てとは思いません。
ただ、緊急事態は少し気をつけてほしいです。

Twitterから情報収集する人は情報元の確認をしましょう。

例えば「停電は1週間続く」という情報です。
正確にニュースを見ると「停電は1週間続く恐れがある」という内容でした。

可能性なのか断定的なことなのか。
どちらかによって心の持ちようは違いますし、準備も違います。

自分を守るためにも、情報を正確に読み取る力は必要だと今回の震災で改めて学びました。

この記事で伝えたいこと
緊急時に何でも拡散することはやめてね!
そんでもってTwitterから情報収集する人は慎重になろうね!
ということでした!

これから書くことはブログのお問い合わせ欄から連絡をくださった方への返事なので、見なくて大丈夫です!

お問い合わせをくれた方へ

こんなにも放置しているブログに連絡をくださって本当にありがとうございます!
停電が長いこともありバタバタしていましたが、少し落ち着いてきたところです。

個人的にブログをどのような形で続けるべきか悩んでいて、しばらく更新できませんでした…

結果的には、その時に思ったことやハマっていることを書いていくことにしました。
今までと同じような感じです!笑

興味のある記事があればこれからもたまーーーにでいいので、見てみてください。

最後になりますが、こんなにも放置しているブログ主を心配していただいて本当にありがとうございました!

スポンサードリンク