悩みを相談しすぎていませんか?他人に依存しない方法

日常

生きている中で悩むことは毎日あり、悩みを解決してくれる手段も色々あります。
友だち・パートナー・上司などなど。
人に相談することはストレス解消になります。
しかし、

人に相談して根本的な悩みは本当に解決していますか?
その場しのぎの解決になっていませんか?

大事なことはたった1つ。

自分で考えることです。

スポンサードリンク

人からのアドバイスで本当に解決したことはありますか?

「仕事先に○○な上司がいてうざい」
「この前仕事で○○なことがあってつらい…」

こんな会話は日常的にあります。
よく会う友人であれば、詳しい事情も知っていますし話しやすいです。
久々に会った友人と話していても悪口の1つや2つは話題になりますよね。

果たしてその会話の中で問題は根本的に解決できていますか?

「それは大変だったねー」
「もうちょっと頑張ろう!」

なんというか上辺の会話すぎます。
これで満足する人は一時的に問題を解決しているフリをしているだけ。

というか同い年の人に相談したところで意味あるんでしょうか?

例えば恋愛に関しての相談の場合。
10人と付き合った人に恋愛未経験の人が相談したとします。
一般論的なことはアドバイスできますよ。
でも本質的なところはどうでしょう。
その場しのぎで会話を続ける方法、自分をよく見せる方法など表面上のノウハウ。
そんなノウハウを実践して仮に付き合えたとしても、後から本性がばれたら終わりじゃないですか?
そもそも人によって好印象のポイントも違います。

人に相談することは悪だとは思いませんが、信用しすぎることはよくありません。

自分を洗脳しよう

「洗脳」という言葉を聞くと嫌な感じですが、人は何らかの方法で洗脳されています。
テレビ・学校・友人・上司。親なんかも言い方次第では洗脳です。
こんなことを書いている自分も多くの洗脳があって今の自分がいます。
洗脳されることは悪いことではありません。
自分で考えつかないようなことを得るには、外部から情報を得ることが1番早くて効率的ですからね。
ただし、他人の洗脳に支配されないように。
自分で洗脳することも忘れてはいけません。

自分を洗脳するというのは自分の考え方を支配しようという意味です。

僕の場合は仕事面で考えることが多いです。
神経質というか他人の行動がとても気になる性格で。
「この人こんなことやっててイライラするー!」
とか頻繁に思いますけど自分なりの考え方でイライラを抑えています。
他人の行動でイライラするなんて無駄すぎる心の消耗ですからね。

他人を変えることはできないけど自分はいくらでも変えれます。

洗脳は絶対的な悪ではない

洗脳する人は悪意があってしている場合と悪意がない場合があります。
どちらでも自分が救われていると感じているなら大丈夫ですよ。
仮に怪しい宗教とか怪しいサロンに入っていようが、それで自分の心が保たれているならおっけーです。
できれば「自分はここに入っているおかげで心が保てている。」と思えれば良いですね。
ここを把握していなければドツボにはまってしまいますのでお気をつけください。

友人やパートナー、会社の上司でも同じことが言えます。
自分の考え方を押し付けようとする人はいませんか?
この考え方は洗脳されても良いなと思えれば吸収してください。
もし気に入らなければ適当にうなずいて話題を変えましょう。

1番良くないことは自分の考え方以外を悪だと決めつけてしまうことです。
途中でも書きましたが、自分でも考えつかないようなことを知れるのは外部からです。
外部を遮断するのではなく、1つの問題の解決策の案を聞いてみてください。
そこから自分で対話をして、気に入る考え方があれば自分のものにしてしまいしょう。

結局のところ自分を信用するしかない

人に意見をもらって自分の考えを見失わないように。
尊敬する人、影響力のある人、仲のいい友人の言った発言もそのまま飲み込んではだめ。

必ず自分のフィルターを通して自分の考え方にしてください。

もし気に入らなければ「こんな考え方もあるんだー。」くらいに。

自分で常に対話し続けてください。
難しい問題であればあるほど考えるだけでは問題解決できないかもしれません。
そんな時は紙に書くと良いですよ。
マインドマップなんかは思いもよらぬ解決策が浮かぶのでおすすめです。

スポンサードリンク