《欅坂46》 歌詞が良いおすすめ曲 トップ5

欅坂46

現在坂道グループで勢いに乗っている欅坂46。
彼女たちの魅力はパフォーマンス、そしてなんといっても曲の良さ。
デビュー曲である「サイレントマジョリティー」は子供から大人まで心の奥にある「反骨心」が刺激される歌詞で多くの反響を呼びました。
僕もまさしくその1人です。
そんな欅坂46で心に響いた曲を独断と偏見でトップ5紹介していきます!

スポンサードリンク

5位「語るなら未来を」

タイトルの通り過去を語らず未来を語ろうという歌詞です。
過去を語っても意味がないということを色々な言い回しで伝え、サビで未来を語っていこうと伝えています。
曲調もかっこよくてメッセージ性が伝わる曲です!

4位「サイレントマジョリティー」

これをしっかり聞いたのはAKBグループのドリームチームで何かを歌うって企画の時です。
当時は乃木坂が好きで欅坂のことはよくわからなかったので、この曲を歌うと決まった時「なんか知らん曲になっちゃったなー」と思いました。
「君の名は希望」になれと願っていました。笑
しかし!この曲メッセージ性が強すぎる!!
大人や社会に対しての不満を伝え、1人1人自由な道を進める歌詞です。
これは個人的な偏見ですが。
自分も含めて今の現状に満足している人って少ないと思うんです。
何かをやりたいんだけど何かわからない。やりたいことはあるけど周りの目が気になって動けない。そんな人が聞いたときに揺さぶられるものがあります。

3位「月曜日の朝、スカートを切られた」

これは大人を全力で否定して1人で生きていくことを強く感じる歌詞です。
個人的な解釈ですが
自分のことを何も知らない人が自分を傷つける。
自分のことを何も知らない人が自分の批判をする。
といったことを月曜日の朝に誰か知らない人からスカートを切られたことを重ねているのかなと思います。
そんな人たちには負けずに進んでいくメッセージがあります。
平手さんのセリフに近い歌詞を聞いた時に心がぞわっとしてとても高揚します!

2位「不協和音」

平手さんの「僕は嫌だ!」で有名になった不協和音。
「サイレントマジョリティー」とメッセージ性が似ています。
しかし、不協和音のほうが1人で戦うというメッセージが強いです!
自分には自分の考え方があってそれを曲げるつもりはない。
もし曲げるなら納得させてみろ。と強気な歌詞です。
曲調も言い方があっているかわかりませんがとても「強気」というか「挑戦的」というか。
歌詞と曲調が合っていて心揺さぶられる歌詞です。
呪いの曲なんて言われていますが、伝説の曲になるでしょう。
気になる方はこちらの記事をどうぞ。
【欅坂46】不協和音は呪いの曲?いや、これから伝説の曲になる

1位「エキセントリック」

「エキセントリック」は大きく言ったら「変わり者」という意味。
その意味の通り、自分の中の不満を言いきって自分は「エキセントリックで良い!」と言い切っています。
「不協和音」は自分の意思を曲げずに他人に正面からぶつかる曲です。
しかし、この曲は他人の言ってることなんて「あほらしい」言い、普通でいることなんてばかばかしいって言いきってるんです。
曲調も少し変わっていて、歌詞とすごくマッチしています。
欅坂46らしい楽曲です。

まとめ

いかがだったでしょうか?この他にもいい曲はたくさんありますが、個人的な好きな曲トップ5です。
自分は変わり者ではなく、努力して周りにあわせて行動するタイプなので、こういった曲を聞くと心揺さぶられるものがあります。
アイドルらしい曲もあるんですが、欅坂46の魅力的なところはこういったメッセージ性の強い曲です。この記事を書きながら改めて歌詞を見ていたんですが秋元康さんってほんとすごい。
このランキングだけではなく、欅坂46にはもっといい曲があるので是非色々な曲を聞いてみてください。

スポンサードリンク