友だち「起業するために人脈作ってるんだ!」ぼく「ジンミャクッテナニ?」

日常

先日1年ぶりに中学時代の友達とご飯を食べに行きました。
久しぶりに会ったので仕事のことやら彼女のこと(今彼女いないからスーパーつまんなかった)を話していました。
そんな時に仕事の愚痴から将来の話になりまして、こんな会話をしました。

友だち「俺さー、将来起業しようと思ってるんだ!」
ぼく「そうなんだ!良いじゃん!」
心の中(もしかしてブログとかやってんのかな!)」
ぼく「なんかやってることとかあるの?」
友だち「今はね、人脈作りと資金作りかな!」←ちょっとドヤ顔
心の中(起業ってやっぱお金かかるのかー。人脈?人脈って何?)
ぼく「人脈って作ってどうにかなるの?」
友だち「…人脈って必要なんだよね!」
友だち「リターンもあったしさ!」

なんだかこれ以上つっこまないほうが良さそうだったのでこの会話はこれで終了しました。
よく「人脈」って言葉見るけど
ジンミャクッテナニ?オイシイノ?
人脈作ったらリターンあるの?マルチ?宗教?
壺買ったら幸せになるやつ??

フリーランスを目指している身からすると人脈は必要だと思うけど。
何かをする→人とつながる
ってことで
自分の場合は情報発信(ブログやSNS)をすることによって結果的に人脈ができています。
人脈と言ってもブログを通じてつながっているブログ仲間という認識です。
その人から仕事をもらうというよりは「一緒に頑張ろうぜ!」って感じです。
こういったところから仕事につながる…予定…

まあ何にせよ!!
起業するために人脈作りから始めるってなんかおかしくない??

スポンサードリンク

人脈は必要??

人脈を作りたがる人の人脈の定義って何なんですかね。
起業をする時に助けてくれる人?資金を提供してくれる人?自分が成長するため?

起業だけに限らず、何かを始める時に人の支えが必要だということはわかります。
1人だけでできることなんて知れてるし、どこかで誰かが提供していることによって成り立っています。
ブログなんかも記事を書くのは自分ですが、サーバーなどは提供している人(会社)がいますよね。
だから、人脈を全否定するわけではありません。
むしろ人同士のつながりはとても大事だと感じます。

だから人脈いらないとかは全く思いません。
むしろ個人で仕事をするために必要な要素の1つです。

何に違和感があるって
初めに人を頼ろうってのがわからない。

人脈スタートって壮大な逃げじゃないの

そもそも何かを始める時に「まずは仲間を作ろう」がワカラナイ。
ただコミュニティ内(身内)でワイワイやりたいだけではないんだろうか?
コミュニティでやるなら結局得するのは始めにコミュニティを立ち上げた人。
それでも稼げる人はいるんだろうし、コミュニティの中で知識を培うことも必要だと思います、

でもコミュニティがダメになった時どうするの?

コミュニティが一生続くとは限りません。
コミュニティへの依存ってほんとに危ないことです。

起業するってことは失敗する確率の方が高いわけで。
失敗したときに助けてもらおうなんて思ってる人は起業向いてないんじゃないの?

「1人で起業できる!」って実力だったり自信がついたときに初めて人脈が必要になるのではないのだろうか。

初めは実力をつけることから

フリーランスだろうが起業だろうが初めは自分でもがくことが大切。
それでだめだった時、立ち止まりそうな時、伸び悩んだ時。
そんな時に成功している人のアドバイスが活きてくる。

1回も素振りしたことない人が「ホームラン打てるようにしてください!」はおかしいでしょ?
必死に練習してダメで「ホームラン打てるようにしてください!」が正しい。

起業って言葉がついた途端に「初めは人脈作りから」は違和感しかない。

そんでよくわかんないセミナー行って満足感得るくらいだったら、自分でやってダメだった虚無感の方が素敵です。
そもそも起業する人が初めに人を頼るって時点で起業向いてないんじゃ…

まとめ

僕は2年前くらいに「金持ち父さん貧乏父さん」を見て影響受けまくりまして。
「不労所得目指すぞ!」って思った時期がありました。
その時のビジョンなんてほとんどなくて今思えば本を見て夢を見ていましたね。
ついでに不労所得思想が強すぎて当時の彼女に振られたのもいい思い出…

友だちがその時の自分と重なってなんともやるせない気持ちになりました。

これから何かを始める人はとりあえず行動してください。
最悪人脈作りでも良いですが、できれば自分のスキルアップのために行動してください。
人は自分の知らないうちに裏切ったりいなくなります。

自分の経験、スキルはなくなることはありません。

自分のスキルを磨くためにできることから始めるべきなのです。

スポンサードリンク