人生をゲームとして捉えることはできるのか?部分的には可能だぞ!

日常

最近Twitterである本がおもしろいと話題になっている。
その本とはこちら!

その名は「残酷な成功法則」です。
タイトル名から帯まで興味出すぎたので今読んでいる途中です。
その中で人生をゲームとして捉えるという表現がありました。

小学生の頃はめちゃくちゃにゲームが好きでした。
休みの日はご飯を食べる時以外ゲームをしてたというくらいゲーム好きでした。

「人生をゲームって捉えれたら毎日楽しいじゃん!!」

なんて思ったので、人生をゲームと捉えることは可能なのかゲーム好きが考察します。

スポンサードリンク

人生をゲームとして捉える基本的な考え方

「残酷な成功法則」では人生をゲームとして捉えるために次の4つの条件が挙げられています。

1.勝てること
2.斬新な課題
3.目標
4.フィードバック

簡単に1つずつ解説します。

勝てること

ゲームは正しい努力をすれば勝てる仕組みになっている。
勝てることがわかっているからこそ辛い(めんどくさい)作業もできる。
ゲーム中に失敗することは多いが、勝てるとわかっているからできる。
しかし、勝った時の喜びや楽しさを知ってるのでひたすらにゲームをする。

現実では確実に勝てる方法はありません。
特に会社に所属していればなおさらです。
しかし、個人が満足するやり方で勝つことは設定できますね。

斬新な課題

ゲームはただ作業をやり続けるのではありません。
一定のレベルになれば新しい環境が待っている。
新しい環境になれば、刺激を受けることができる。
つまり、刺激を受けることで飽きずに作業を続けることができる。

目標

ゲームには目標が達成されている。
世界の平和を守るためなのか、ピーチ姫を救うことなのか。
目標があるからこそ辛い作業も取り組むことができる。

フィードバック

ゲームでは適切なことをすれば報酬が与えられる。
間違ったことをすればペナルティが課せられる。
会社でも同じことですが、ゲームと決定的に違うことはフィードバックの速さです。
ゲームでは瞬時に影響されますが、現実では瞬時に評価されることはありません。

仕事はゲーム化することは可能なのか?

4つの条件から1つずつ考えます。

「勝てること」は可能です。
個人で決めることができるので、自分を洗脳することができれば誰でも可能です。

「斬新な課題」は不可能です。
「この仕事飽きてきたなー」と思っていても簡単に次の仕事はできません。
なぜなら、会社は利益を求めるためにあなたを雇っているからです。
環境を変えれる可能性は0ではありません。
しかし、自分だけではどうすることもできないので難しいことです。

「目標」は可能です。
「勝てること」と同様に自分で決めればいいですからね。
ただし、会社の目標か個人の目標かはっきりしなければなりません。

「フィードバック」はほぼ不可能です。
ゲームのように瞬時にすることは不可能です。
「ゲームのように瞬時まではできなくても可能では?」と思うかもしれません。
組織一丸となってフィードバックを積極的に行うほど、組織で団結力があれば可能です。
そのような団結力があなたの会社にはありますか?

斬新な課題・フィードバックは個人の力ではどうすることもできない。
しかし、勝てること・目標は個人の力でどうにでもなる。

ゲーム化するためには勝てること・目標を設定しよう

人に期待するのではなく、まず自分が変わりましょう。
そのためにできることは「勝てること」「目標」を設定することです。

上記をまとめると
「勝てること」は短期的な(瞬時の)目標です。
「目標」は長期的な目標です。

まずは「目標」(長期的な目標)の設定ですね。
1日でできるようなことではありません。
やりたいことをリストアップして、その中から1つずつ掘り下げていく必要があります。
僕もやりましたが、時間がかかります。
あとやっていくうちに自分がわからなくなります。
それでも掘り下げ続けることによって長期的な目標が見えます。
つまり「なりたい自分」が見えます。
長期的な目標を作る方法はいつか記事に書く…予定です…

「目標」さえできてしまえば後は走り続けるだけです!
「勝てること」(短期的目標)簡単なことで構いません。
例えば
「いつも30分かかっていたことを20分にする」
「やろうとしていたことを今日絶対にする」
など自由で構いません。
大事なことは自分の決めた「勝てること」に「勝つこと」です。

自分の中で「フィードバック」することも重要ですね。
「勝てることを達成したお前は偉いぞ!」と言ってあげてください。
ストイックになることも重要ですが、自分を褒めてあげなければ体力が切れてしまいますからね。

完全なるゲーム化は不可能!

工夫することで部分的にゲーム化することは可能ですが、完全なゲーム化は不可能です。

「不可能ならやる必要ないじゃん!」

とか絶対に思わないでください。
できることをやらなければ前に進むことはできませんよ。
仮に間違ったことをしていても、終わった後に間違ったことだとわかります。
何も行動しなければ何もわかりません。

周りが変わるなんて期待せずに自分でできることから始めませんか?

スポンサードリンク