ネットで信用を得るにはどうすればいいのか

日常

先日「革命のファンファーレ」を読みました。
その中のキーワードである「信用」。
「信用」はお金になり、ネットでお金を稼ぐことはまさしく「信用」に繋がるのではないかと感じました。
では1か月前にブログを始めた僕はネットでどうすれば「信用」されるのか、どうすれば「信用」してくれるのか。
そのあたりを考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

まずは自分を知ってもらうことが大事

プロブロガーとして有名なイケダハヤトさんとブログを始めて1か月の若造が、仮に同じレベルの記事を投稿して「どっちを信じますか?」と言われれば確実に前者です。
これは極端な例ですが、有名であればあるほどその信憑性は増します。
ではどうすれば知ってもらえるのか。
考えつく手段はこの3つです。

ひたすらに記事を更新する

ブロガーは何を見て「信用」するかと言えばPV数と収益です。
ではどうやってそれを手に入れるか。
やっぱり記事を更新し続けるのではないのでしょうか。
もちろんSEO対策やライティングスキルなど、多くの技術や知識が必要になります。
しかし、ともかく記事を書き続けることが1番大事だと思います。
1日1人見てくれる記事が100記事あれば月に3000PVです。
何も考えずに書き続けては意味がないと思いますが、考えて満足するよりかは100倍ましです。

SNSをする

SNSは自分を知ってもらうには1番有効な手段なのではないでしょうか。
検索流入だけでブログを広めようと考えていましたが、SNSを使ったほうが早く広まるのではないのかなと。
検索流入だけである程度までいけばかっこいいと思っていたのですが、そんなことを言って時間がかかるくらいだったら、なんでも活用してみよう。

実績を作る

「ひたすらに記事を更新する」でも書いたようにブログではPV数と収益で「信用」されます。
つまり「実績」です。
これから月間報告など、どんどん実績を報告しようと思っています。
これは自分を知ってもらうためという意味もあるのですが、これから何かを成し遂げたいと思っている方の背中を少しでも支えたいからです。
何もできなかったやつが仮にブログで生計立てれるようになったら「あいつにできるんなら自分にもできるんじゃないか!」と思ってほしいのです。

とにかく行動しよう

インプットもアウトプットもめんどくさいと言わずにどんどんしよう。
何もしないより何かに挑戦して失敗したほうが良いに決まっている。
もしネットで生計を立てれないとわかれば、組織での生き方を徹底的に極めてやろうと思っている。
きっと時間はかかるだろうし、挫折することもあるだろうけど「信用」を得るためにとことんもがくぞ。

スポンサードリンク