【ストレングス・ファインダーやってみた】勉強になるけど切ない…

自己分析

自己分析で有名なストレングスファインダーやってみました!
受けてみればわかると思いますが、とても性格なので自己分析している方はおすすめです。
そして正確すぎるので自分の望んでいる強みがないとへこみます…
そう。今の僕のように。

スポンサードリンク

ストレングス・ファインダーとは

よくある自己分析と違うことは強みではなく資質を知ることができます。
強みはこれまで生きてきた中での長所だが、資質とは幼少期からある強みである。
本書では3歳から大人になるまで強みは変わらないと書いており、その資質を知ることができます。
資質の種類は全部で34種類。そしてそこから5000種類以上のデータから自分に向くレポートを表示してくれます。さらに、そこから強みを活かす質問も用意されます。
この内容を本気で理解しようとすると1日では終わりません。それくらい濃い情報です。

実際にやってみた結果

ストレングスファインダーをやる際にこういった考え方はおそらくよくないと思いますが、「最上思考こいー」と願っていました。
というのもストレングスファインダーを知った原因がTwitterだったんですが、ブログで活躍されている方は最上思考が多いというのを見ていたからです。
そして結果は
1.調和性
2.内省
3.共感性
4.収集心
5.学習欲
最上思考ないやん…と思いつつも1つずつ説明を見ていこう。

調和性

衝突では何も生まれないと思っているから、話し合いなどで論争が起きたらその着地点を見つけれる人みたいな感じです。
これはすごく思っていることで相手の言っていることを理解しようとしないで意見を主張する人はとっても愚かだと思ってます。

内省

1人で考えることが大好きなンプット人間って感じです。
その内容が何かは人によって異なりますが、当たってますね。
ブログを始めてからはブログのことをずっと考えていましたし、ストレングスファインダーをしてからはこのことばかり考えていました。おかげさまで2日間ブログを放置してしまいました…

共感性

相手のことをスーパー感じ取れる人です。
これは就職活動でも自己PRとして言っていましたね。
話したり行動を見ているとその人が何を望んでいるのかなんとなくわかります。
まあそれを実行するかは別の話ですが…

収集心

自分の興味あることは何でもかんでも調べまくろう人間です。
これは人間であれば全員そうなんじゃないだろうか。
それが歌手であったりスポーツであったり。
僕の場合は結果で出ている通り人の心理の本が好きです。
嫌われる勇気なんかはドはまりしました。

学習欲

結果とかは良いからとりあえず学習しようぜ人間です。
ここで大事なことは結果よりも学習することが好きということです。

資質から考えられること

相手に共感できて衝突嫌いな、1人で何でもかんでも学習することが大好き人間ということです。
…当たってるんだけどね。
この記事ではすべての資質を説明していませんが、影響力に関わる資質もあるんですよ。
その資質がある人はブログで成功しやすいなんて言われているんですが。
影響力に関わる資質1つもないじゃん!!
いや、わかってはいたんですけどね。人におすすめのものを紹介するとか人によって価値観は違うからそんなに意味ないよなーとか思う人間なので。
友だちでは「おせっかいかよ!!」っていうくらいおすすめしてくる人もいるんですが、その人とは仲いいですけど全く理解できませんもん。
それにしても当たりすぎて怖い

これからどうするか

ストレングスファインダーを受けて「すごいー!当たってる!」で終わるならそこら辺の占いでできる話。大事なことはこの診断結果からどういった行動をするかということです。
僕の目標はフリーランスになることです。
ただ資質を見る限りでは「ゼロからイチ」を作ることは苦手なようです。おそらくイケダハヤトさんのようなインフルエンサーにもなれないでしょう。共感性と調和性があるように衝突したり炎上したくないと思っているので。
でもそれだけがフリーランスの形ではありません。情報を収集することが好きということは、どんな分野でも興味が沸けば調べれるということです。ライターなんかは指定された文章を調べてクライアントに提出する仕事です。自分の資質にはあっているのかな。
と言ったように自分のやりたいことがわかっていれば、資質からどのような行動をするべきか見ることができます。

まとめ

このようにストレングスファインダーは自分の資質をわかりやすく分析します。
やりたいことが何となくわかったうえで受けるとさらに濃い分析ができます。
先に書いたように占いで止まるようであれば、意味がないとは言いませんが、十分な結果は得れません。

表面上の強みは無理をして作っている可能性があります。しかし、資質とは昔から持っているもの。
昔から持っている資質を知り、そこを伸ばすことが人生を幸福にしてくれるのではないでしょうか。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

スポンサードリンク