就活で失敗したからこそわかった失敗しない就活方法

仕事

「就職活動失敗したなー」
入社した会社で働き始めて3年経って思っていることです。
なんなら入社して1ヶ月で思ってましたね。

現在は売り手市場なので、転職はそこまで難しくありません。
しかし、『新卒』というカードを使って就職するなら悔いのない就職活動をしたいですよね?
「もう一度就職活動をするならこうするぞ!」ということを書きました。
これから就職活動を始める方、現在就職活動をしている方は参考にどうぞ!

スポンサードリンク

自分の就活の流れ

ふわふわしながら大学生活を過ごしてきて気づけば就職活動。
「何かやんなきゃなー」とは思いながらも行動していませんでした。
そんなことを思っているうちに友だちが
「合同説明会行こう!」
「自己分析しなきゃ!」
とか言い始めたことから就職活動を始めました。

就職活動はまじめにやっていました。
やっていたこととしては

  • できる限り合同説明会に行く
  • 大学の就職支援課に通う
  • 就職セミナーに参加する

就職活動を始めてからはバイトを辞めて、就職活動に時間を割くようにしていました。
合同説明会はできる限り全て行くようにしましたし、就職支援課は週に4回ほど。
その方と仲良くなり、彼女の相談なんかもしていました。(笑)
後は全力で遊ぶ。

主に大学で学んでいた方面に近い分野の会社を受けていました。
確か30社くらい(もっと多かったかも…)受けて2社から内定。
どちらも規模的には中堅企業くらいなので迷っていたのですが、お世話になっていた就職支援課の方から
「君はこの企業合ってそうだけどねー」
と言われたことからそのうちの1社に決めました。

この流れを見てあなたはどう思ったでしょうか?
「ここが問題だわ!」と思った方はそっとページを閉じてください。
「別によくない?」と思った方は危険かも!!
少しは約に立つと思いますのでこの先も是非見てください。

ぽた
まじめに取り組んだのに何が問題だったんだろうか…

受け身だったことが失敗

就職活動は大事なことだと捉えていましたし、時間も割きました。
セミナーや合同説明会にも積極的に参加した。
それではなぜ失敗だと思ったのか。

圧倒的に受け身の就職活動してしまったことです。

  • 就職活動の入り口が友だち
  • 学んでいた分野の会社しか受けなかった
  • 人に頼る就職活動になってしまった

この3つは後悔しています。
総じて言えることは受け身だったことです。

就職活動の入り口が友だちのまま

心では「何か行動しなきゃなー」と思っていました。
でも行動に移せなかった。
人から誘われて行動に移すことは悪いことではありません。
むしろそういった活動的な人はあなたにとって大事な人です。
しかし、人は受け身の活動になると意欲が激減します。
アルバイトでもそうではないでしょうか。
人から言われたことは何となくこなし、自分が楽しみにしていた遊びや趣味は全力でやる。

受動的なことよりも能動的に行った時の方が人はその活動に全力で取り組みます。

初めに行動することが1番いいのですが、全てがそうとは限りません。
だから、誘われて行動したことでも『自分がやっている』という意識を持つように努力します。
人は変わりませんが、自分の意識は変えられるものです。

学んでいた分野の会社しか受けなかった

合同説明会の使い方ですね。
合同説明会は多くの会社がきて、色々な職種の会社がいます。
「自分はこの分野を専攻してるからこの辺が無難かな。」
とか思わないで!!

若いうちはどの職種でも入るチャンスがありますよ!

ちょっとでも興味のある会社があるなら説明を聞いてみてはいかがですか?
話を聞いて興味がなければ終わり。
もしかしたら興味が出るかもしれません。
大学と全く関係のない職種であれば大手は難しいかもしれません。
しかし、同じ業界に入ってキャリアを積み上げていけばそれなりの会社に転職できる可能性は十分にあります。

「この業界は無理だよなー」
「この仕事はやったことないからなー」
と思わないで積極的に話を聞いてみてください。
せっかくそんなチャンスがあるのですから、利用しちゃってください!

人に頼る就職活動になってしまった

これまで書いたことに繋がりますが、人に頼りすぎてはだめです。
もちろん人の意見は大事です。
就職活動のテクニックなんかも教えてもらってください。

ここでの人に頼るということは『自分と向き合わなかった』ということです。

入社した会社が絶対に良い会社とは限りません。
もしかするとブラック企業かもしれません。
興味のある業界が楽しいとは限りません。

他人が作った組織に入る以上、自分が全てにおいて満足することはありません。
(洗脳が上手な会社もありますが…)

それでも就職活動をしっかりやる意味は未来につながるからです。

僕の場合はまじめに就職活動をしていましたが、自分の将来を考えて就職活動をしていませんでした。

ぽた
人に流された方が楽だけど自分が満足する生き方したいよね!

自発的な就職活動をしよう!

人に流された就職活動ではなく、自発的に就職活動を行おう!

  • 色々な職種を調べる
  • 自己分析をする

色々な職種を調べる

「これまでの自分の学歴・資格だとこの辺りが無難かな」
という考えは捨てましょう。
若いうちはチャンスがあります!

合同説明会では興味のある業界・会社の説明会を聞いてみましょう。
そして興味のあることは自分で調べてみてください。
もし身近にそういった会社に勤めている方がいれば話を聞くこともありです。

ネットや人の情報は偏りがあります。
色々な角度から情報収集して分析してみてください。
どれだけすごい方でも1人の意見は1人の意見です。
1人に依存するのではなく、色々な方法で情報収集しましょう!

自己分析をする

「初めに自己分析をしましょう!」
なんて就職セミナーなんかでよく聞きました。
「どうせ働くなら自己分析いる?」
と思ってあまりしなかった僕です…
その時の自分に言いたい。
「どんな会社でも不満はあるんだからなるべく不満を少なくするために自己分析しろよ!」と。

自己分析にはいろいろな方法があります。
無料で受けられるものもありますし、調べれば色々な方法があります。
有料になってしまいますが個人的におすすめの自己分析はこちらです。

34個の資質から自分の資質を調べ、どういった職種に適性があるかわかります。
そこまでは普通の自己分析と一緒なのですが、ストレングスファインダーは分析結果から『どういった行動をとるべきか』も教えてくれます。
自分でもやってみましたが、かなり参考になったので興味のある方はどうぞ!

他の方法としては『やりたいこととやりたくないことをひたすら書く』です。
1番シンプルですが、あまり多くの方がやっていない方法。
詳しくはこちらの記事に書いてあるので興味のある方はどうぞ!
【自己分析】夢や目標を見つける簡単な2つの方法

ぽた
自己分析しすぎると気狂いそうになるので気を付けてね!

まとめ

僕は入社して3年目になりますが、就職活動の取り組み方に後悔しています。
働きながら転職することは可能ですが、時間も少ないので大変です。
大学のうちは社会人よりも時間があるので、是非悔いのない就職活動をしてみてください!

これから入社する会社が絶対に良い会社とは限りません。
しかし、今真剣に就職活動に取り組めば、転職する時にもいい影響を与えます。
自分の将来につながる活動なのでしっかり考えて行ってみてください!
僕のように後悔しないように…

就職活動中、これから就職活動をする方の役に立てれば幸いです!

スポンサードリンク